普通の目薬との違い

コンタクト専用の目薬と、普通の目薬は何が違うのでしょうか。大きな違いは、防腐剤が入っているかどうかです。これは主に市販の目薬の場合ですが、一般の目薬は開封してからしばらくの間は、常温で保存していても劣化しません。これは防腐剤が入っているからです。防腐剤と聞くと良いイメージは持ちませんが、目薬の品質を保つために欠かせない物であり、目に負担をかけないよう安全性を考え、最低限の量を使用しています。中には市販の目薬でも防腐剤を使用していない物はありますが、この場合、開封後は冷蔵庫で保存が必要であり、使用期限も限られるので容器が小さく、量も少なめです。

一方コンタクトをしている人が使う市販の目薬には、防腐剤を使用しない物が多くなります。コンタクトは目に密着させて使いますので、目薬に防腐剤が含まれていると、コンタクトを外して点眼しても、後から装着した時に防腐剤が角膜を傷つけてしまう事があるからです。

コンタクトを装着するという事自体、裸眼の状態に比べて目には負担をかけています。コンタクト歴が長い人ほど、知らない間に角膜に負担をかけてしまいます。コンタクトをしている人は、コンタクト専用の防腐剤を含まない目薬を選びましょう。フォーチュンコンタクト