ドライアイの場合

コンタクトをしている人が全てそうなるとは限りませんが、どうしてもコンタクトの使用時間が長いとドライアイになるリスクが高まります。コンタクトをしていなくても、長時間のパソコンやスマホ、読書やゲームなどで目を酷使しているとドライアイの原因となってしまいます。コンタクトをしている人は、裸眼の人よりもドライアイのリスクは高くなります。

コンタクトをしていて、目を酷使している人はドライアイになるリスクが高いと考えられます。もしも目がショボショボする、充血しやすい、目が痛いなどの症状があったら眼科で診てもらいましょう。ドライアイの場合は、目薬で対処できます。市販の目薬にもドライアイ用がありますが、コンタクトをしている場合は処方された物の方が安心です。

ドライアイの場合、防腐剤や血管収縮剤が含まれていると目に負担をかけてしまいます。長時間のコンタクト使用がドライアイの原因となっている場合は、使用時間を減らすなどの工夫も必要ですから、必ず眼科で診てもらいましょう。眼科で処方される目薬なら、ドライアイの治療に役立てる事もできますし、コンタクトの使い方なども適切なアドバイスを受けられます。目の安全を考えたら、医師の指示に従うのがいいでしょう。