目薬の正しい使い方

コンタクトをしている状態で目薬を使う時には、正しい使い方をします。これはコンタクトの種類によっても変わってきます。

最近人気のワンデーコンタクトは、1日限定の使い捨てタイプですが、ソフトレンズという事もあって、コンタクト初心者にも使いやすくなっています。ソフトレンズは、柔らかく扱いやすい反面、目薬に防腐剤が含まれていると、レンズが目薬の成分を吸収しやすいので、種類によっては変形してしまう事があります。これにより角膜に負担をかけてしまうので、防腐剤を使用していない目薬を選びましょう。外してから点眼するよう注意書きがある場合は、一旦外してから点眼し、目薬が吸収されるのを待って、コンタクトを装着します。

ハードレンズの場合は、レンズが硬いので目薬の成分を吸収したり、変形したりというリスクは少ないのですが、酸素透過性タイプは、ハードでも目薬の成分を吸収する可能性があります。防腐剤を含まず、コンタクトをしたまま点眼してもOKというタイプを除き、酸素通過性のハードレンズを使用している人は、コンタクトを外してから点眼するようにしましょう。酸素通過性の場合は、点眼後成分が吸収されるまで、装着せず待った方が安心です。フォーチュンコンタクト