目薬の成分をチェック

コンタクトの種類によっては、目薬を使うとレンズが成分を吸収してしまい、目に負担をかける事があります。コンタクト専用目薬として市販されている物の多くは、防腐剤を使用していません。これはレンズが防腐剤を吸収したり、角膜とレンズの間に防腐剤の成分が入り込んだりした場合、目に負担をかけてしまうからです。

市販の目薬でコンタクト専用となっている物でも、防腐剤を使用している物があります。防腐剤を使用していない物はコンタクトを装着したままでも点眼できますが、防腐剤を使用している物は必ずコンタクトを外してから点眼します。これは全て取扱説明書に書いてありますので、必ず配合している成分と、正しい使い方をチェックしておきましょう。

もしも防腐剤を使用している目薬を使う場合は、点眼する時に一旦コンタクトを外します。また点眼してからしばらくの間はコンタクトを装着しないよう、注意書きがありますので、この場合も点眼後にコンタクトを装着する場合は、指定されている時間内はコンタクトをせず、時間が経過してからにします。一般的には10分から15分くらい間を開けます。目薬の成分によって、使い方も異なりますので、必ず使用上の注意を確認し、正しく使用するようにします。フォーチュンコンタクト